神前で愛を誓う

日本古来の伝統美

神社仏閣

結婚式を行うにあたって考えるのが、まず挙式をどこでどのように行うか、という点です。
教会での挙式や神社挙式、形式にとらわれない人前式などがありますが、近年注目を集めているのが、神社挙式です。
神社挙式の魅力は何といっても、厳かで格調高く、雅な雰囲気で式を挙げられる点です。
白無垢に綿帽子をかぶり花嫁行列を行う参進や雅楽の音色など何とも言えない高貴な雰囲気があります。
ウエディングドレスを着て華やかな雰囲気で行う教会挙式も良いですが、神社での挙式でしか味わえない体験が確かにできます。
教会挙式では参列者には親族に加え友人がおり、2人を後ろから見守っているという印象です。
一方、神社挙式では外から友人が式を見ることができる場合もありますが、基本的には親族のみが参列しています。
親族は向かい合っており、花嫁と花婿はもちろん、より両家の家族同士が深い関係になるような雰囲気があるのも特長の一つです。
また三々九度の盃や玉串拝礼など神社挙式のならではのイベントもあります。
流れは巫女さんが教えてくれますので、難しいこともありません。
神社で挙式ができる場所は限られていますが、雑誌やインターネットで検索すればすぐ見つけることができますので気軽に問い合わせてみると良いです。
気になる神社があれば一度検索してみましょう。
結婚式場でも神社挙式に関するプランを用意しているところがあるので、相談してみると良いでしょう。
個人で申し込む場合は、衣装の用意からカメラマン、スタイリストの手配まで全てを行わなければなりません。
結婚式場などの専門業者にプロデュースを依頼すると、大変便利です。

結婚式に続けて

ハート

一般的に結婚式をした後には、披露宴や二次会といった催しを開催するケースが多く、それは神社挙式のスタイルでも同様のケースが多くみられます。
もっとも神社挙式の場合、普段通りの日常生活ではなかなかわからないことも多く、とくに神社挙式となれば伝統的な儀式となるため、挙式の後に披露宴や二次会が出来るのかどうか不安に思うカップルもいるようですが、結論から言ってしまえば、神社挙式でも普通に披露宴や二次会は開催可能です。
もっとも簡単な方法としては、結婚式を挙げる神社に披露宴会場が併設していることもあるので、そういった神社で挙式を実施すれば、そのまま挙式の後に披露宴を実施することも可能です。
この場合は移動の時間もかかりませんし、主役であるカップルはもちろん参列者もスムーズに移動可能なため、大変便利です。
それゆえに最初から結婚式のプランとして披露宴会場のある神社を選び、披露宴もプラスしたセットプランを選ぶカップルも大勢存在しています。
そうすれば移動はもちろん料理の手配やお色直しなども、比較的簡単に決めることが可能です。
けれどもさほど大規模でない神社などでは披露宴会場が併設されていない場合もあり、そういった場合は神社の近くの料亭やレストランなどを利用するケースが多い傾向にあります。
ただしこういった場合は、お色直しやヘアメイクの手配はあらかじめ決めておく必要がありますし、それに時間がかからないようにする配慮も必要です。

マナーは教えてもらえる

男女

神社挙式は教会などでのウェディングとは全くマナーが異なります。
日本人であっても、全体的にウェディング挙式が流行っていることもあり、神社挙式のマナーを知っている人は少ないものです。
しかし、心配無用です。
神社挙式をすることになったら、事前に神社の人たちと打ち合わせを行うことができます。
その時にマナーについても教えてもらえるので安心です。
ウェディング挙式であっても、事前に綿密な打ち合わせがあります。
バージンロードを歩く教会での挙式でも、そのやり方についてリハーサルがあります。
それと同じように神社挙式でもリハーサルをしてくれるので問題ありません。
リラックスして臨みましょう。
基本的には日本間に入る時のようなマナーになります。
畳のへりを踏んではいけないといったマナーがありますが、あれと同じです。
それから、椅子ではないので正座をするなど、いろいろと洋風とは違ったことがあります。
よって、出席する側にも神社挙式のマナーを守ってもらわなくてはなりません。
あらかじめ、ある程度のことは伝えておきましょう。
もちろん、出席者に対しても基本的なマナーについては、神社側で事前に教えてくれます。
挙式が始まる前に注意点などをレクチャーしてくれるので、出席者もあまり緊張せずに臨みましょう。
とにかく騒々しくすることなく、神社側に言われたとおりのことをすれば問題ありません。
また、全体的に出席者の席はウェディング形式よりも少なめになっています。