挙式のスタイル

伝統性と自由度

新郎新婦

結婚式といえば教会式が定番と思われがちです。
しかし、最近では日本古来の結婚式である神社挙式も人気が高まる傾向にあります。
これは日本の伝統的な挙式として、その魅力が見直されてきていることも影響しています。
またそれと同じく宗教などは関係ない、自由度の高い人前式の結婚式にも注目が集まっています。
教会式も含めて結婚式のスタイルは人気が分散しているのが現状です。
そんな結婚式ですが、神社挙式の特徴としては、家と家のつながりを大切にするために、基本的に親族とともに実施するスタイルとなっているのです。
花嫁も花婿もともに和服スタイルがメインであり、雅楽の音色の中を進む花嫁行列の参行や三々九度、玉ぐし礼拝などの独特のスタイルが実施されます。
もっともそんな伝統的な神社挙式でも、最近は普通に指輪交換の儀式なども実施されます。
また、花嫁や花婿の衣装やヘアスタイルなども和装に限らず、洋装のものでも問題ないケースもあります。
それゆえに日本の伝統的な結婚式である神社挙式でも、現代的な時代に合ったニーズも積極的に取り入れているため、敷居が低くて実施しやすくなっています。
一方の人前式の場合は、形式にとらわれないスタイルの挙式となるため、結婚も神様に誓うというよりは参列者全員の前で誓うといった感じで、ゲスト参加型の演出など自由に設定できるスタイルとなっています。
それゆえに会場となるのも結婚式場やホテル、レストランなどが多いですが、とくにここでなければいけないといった決まりはありません。

選べる神社が増えています

カップル

10年ほど前までは結婚式と言うとチャペルで行う洋風の式がほとんどでした。
しかし、近年では日本古来の良さが見直されていることもあって、以前と比べて神社挙式を行うカップルが増えています。
洋式の式を行った人は多いので、洋式の式の費用に関しては周りの人から話を聞くことができますが、神社挙式の数はまだ少ないので相場価格がわからずに不安を持つ人がいます。
神社挙式で神社に納める費用は5万円から10万円が相場になっています。
神社挙式にかかる費用は他にも衣装代やメイク・着付け代などがあります。
また、司会やカメラマンといった業者を頼む場合には、人件費やアルバムや機器代金が追加になります。
そのため、おおよその総額は20万円から40万円になることが多いようです。
婚礼プロデュース業者でも神社挙式が盛り上がっていることもあり、衣装代などをセットにしたお得なプランを提供するようになってきました。
ひとえに神社挙式といっても、格式高い由緒ある神社もあれば、ホテル内に構えられた神社で行う場合もあります。
利用することができる設備や自分のイメージする緑が豊かなところを望んでいたり、交通の便を考えたりしながら理想の神社挙式が行えるところを見つけてみてください。
近年の神社挙式の増加によって、これまで挙式を取りおこなってこなかった神社も新たに挙式を行うようになり、子供のころから身近な場所にあった神社でかけがえのない挙式をあげるのも人気になっています。

静寂と厳かな雰囲気が魅力

会場

神社挙式は日本ならではの伝統的な挙式です。
神社に祀られている神様の前で結婚を誓う挙式スタイルで神前式とも呼ばれています。
若いカップルは教会式などの明るく華やかな挙式を好む傾向にありますが、純和風で格調高く、厳かな雰囲気の中で行われる神社挙式を選ぶ若者も徐々に増えてきています。
神社挙式を行うことができる京都の神社は多数あり、有名なところでは下鴨神社や上賀茂神社、平安神社などがあります。
中でも下鴨神社と上賀茂神社は最古の神社の一つと言われ、世界文化遺産に登録されているほど有名です。
下鴨神社は縁結びの神様としても知られ、朱色の鳥居と糺の森の色鮮やかで華やかな雰囲気が人気です。
また参道が長いことが特徴で、本殿の扉を閉めると新郎新婦と親族だけで神聖な空間を独占できるのが大きな魅力です。
厄除けやパワースポットとしても広く知られている上賀茂神社では、参拝時間を過ぎた夕方の閉門後に挙式が行われます。
観光客や参拝客がいなくなった静寂の中、かがり火が炊かれた幻想的な空間での挙式は一生の思い出となるでしょう。
さらに国宝や重要文化財などに指定されている社殿が数多くあり、歴史を感じさせる荘厳な神社の中で執り行われる京都の神社挙式は、神聖な雰囲気を醸し出します。
白無垢や袴などの和装で行う挙式は新しい門出にふさわしく、多くの結婚プロデュース業者がさまざまなプランを用意しています。
二人の出発の日が人生最高の一日となるように、情報をたくさん集めて一生の思い出を演出してくれるプランを探してみましょう。