伝統的な儀式で愛を誓う

婚礼衣装も大きな魅力

神社仏閣

近年は、わが国古来の伝統を取り入れた挙式スタイルである「和婚」が人気を呼んでいますが、その代表的な形式が神社挙式です。神社挙式とは、その名の通り神社において婚礼を執り行うことをいいます。式はいわゆる神前式で、聖なる場所において永遠の愛を誓います。古式豊かな厳粛さと荘厳さが、独特の魅力となっています。神社挙式には、もう1つ大きな魅力があります。それは衣装です。伝統的な場にふさわしい和装で身を飾ることは、特に新婦にとっては一生こころに残る素敵な思い出となります。神社挙式に用いられる婚礼衣装で最もよく知られているのが、白無垢です。着物・帯・足袋・小物に至るまですべてを白一色で揃えた姿は、高貴な清浄さを感じさせます。もともと白は古来より神聖な色とされており、さらに「婚家の家風に染まる」という象徴的な意味も持っていました。加えて現代では、その簡素な美しさから純粋にファッションとしても好まれています。一方、色打掛や振袖は主に披露宴の際に着られる衣装です。こちらはあでやかな色や柄が特徴で、白無垢とは対照的ながらやはり日本の伝統美を感じさせる衣装となっています。新郎の衣装については、男子の正装である紋付羽織袴が基本となります。色は紋付が黒、袴がグレーというのが一般的ですが、最近では準礼装である白紋付を用いる例も増えています。なお、列席者の衣装については特に決まりがなく、和装・礼装どちらでも構いません。ただ、神社挙式は靴を脱いで座敷に上がり、正座する機会も多いので、女性は足元の身だしなみに気をつける必要があります。

特徴とメリットなど

男女

神社挙式とは、明治天皇の挙式から日本で一般的になった挙式スタイルです。意外とその歴史は新しいのですが、日本式の挙式といえば神社挙式を指すことが多いです。神社という神聖な場所で行うことから、厳かで神聖な雰囲気があるのが特徴です。神社挙式は、挙式会場が狭いことが多いので、家族や親戚までしか入れないことも多いです。基本的に神社挙式や仏前式などの和婚では、家と家とのつながりを重視する傾向にあるので、そういった面もあります。ただ、大きな神社や、ホテルや結婚式場に作られている会場では、友人や会社の人も参列できることがあります。一般的な服装は和装で、新郎は紋付き袴、新婦は白無垢が一般的です。ただ決まりがあるわけでないので、色打ち掛けやお引きずりでもよいとされています。洋装はほとんどありません。参列者の服装は結婚式や披露宴の服装に準じるので、新郎新婦の両親はタキシードと黒留袖、他の参列者は披露宴用の服装で和装に限りません。費用面では、神社により費用は異なりますがたいたい10〜20万円ほどが相場です。挙式単体だとキリスト教式より安いのが特徴です。巫女舞や雅楽の生演奏をつけられることも多く、その場合は費用が上乗せされます。費用は初穂料や玉串料といった名目で渡します。神社にはあまりきちんとした待合室がないことが多いため、近くにある披露宴会場から行くことも多いです。天候により移動が大変になったりもするので、親族などにきちんと説明しておくとよいでしょう。

教会か神社か

花嫁

結婚式の挙式には教会挙式・人前挙式・神社挙式の三種類があります。教会挙式とは教会を会場とし、神の前で男女の永遠の愛を誓い、その証として結婚指輪の交換をします。人前挙式とは「結婚式は神社や教会で行われるもの。」といったような昔からの風習にとらわれず、二人のお気に入りの場所など好きな場所で行う挙式になります。夫婦の証人は参列者になります。神社挙式とは神前式ともいわれ、神殿にて行う挙式です。基本家族・親族が参列者となります。教会挙式は親戚だけではなく、仲のいい友人やお世話になっている先生や会社の同僚を呼ぶことが出来ます。衣装は男性がタキシード、女性はウエディングドレスを着るのが一般的です。費用平均は5万〜10万円が一般的で、そこへ結婚証明書や写真、フラワーシャワーなどオプションをつけていくと値段もプラスされていきます。神社挙式は家族・親戚のみの少数で行われます。衣装は男性が紋付羽織袴、女性が白無垢、色打掛、黒引き振袖があります。費用平均は約30万〜100万円とされています。教会挙式も神社挙式も呼ぶ人数やオプションで金額も大きく変わってきます。教会挙式と神社挙式の人前挙式のどれにするかは、ドレスが着たいのか白無垢を着たいのかなどといった自分の着てみたい衣装で決めたり、予算や呼びたい人数の規模で選んでみるのもいいかもしれません。会場に予約を取ればほとんどの所が見学をできるので、結婚する二人が納得のできる挙式場所を選びましょう。